インターネットで探す

研修医

心療内科においてはカウンセリングを治療の1つとして提供しております。
心療内科領域における疾患の原因は本質的に言って患者本人が過度にストレスや緊張を感じることにあり、患者自らがそうした要因を作り出していると言っても差し支えが無い場合も少なくありません。
要するに心療内科領域の疾患は漠然と治療を受けるのではなく自ら治す意思があってこそ完治に至ります。
そういう意味では自ら疾患を治すきっかけとしてカウンセリングという機会が存在していると解釈することができます。
カウンセリングを利用する際に注意することがあるとすれば、良好な精神状態で受信することが挙がります。
こうすることで悪化した精神状態が招いたトラブルにより主治医との関係が悪化することを防ぐことができます。

心療内科における診療は保険適用範囲内であり、医療費の3割が患者負担となります。
ところが医療福祉を利用する場合はその限りでなく、自立支援医療という制度を利用する場合においては1割負担となります。
投薬やカウンセリングなどのような一般的な治療の場合、3割負担の場合は1000円から3000円程度の費用を要する一方、1割負担の場合はこれが300円から1000円程度となります。
生活保護を受けている際にも医療福祉を利用することが可能であり、診療を受けた後に自治体へ申請すると医療費が基礎給付額とは別途にその都度支給されます。
自治体や職員の対応によるものの、それでも流石に医療費の支給は無制限に認められる訳ではないのでこうした医療福祉の多用は難しいところです。